舞鶴観光ガイド舞鶴消防団 出初め式
舞鶴の地域を守る消防団  舞鶴港で行われた出初め式のレポートです。
京都・舞鶴のおいしい楽しい情報を嶋七4代目若女将の体験を交え、お伝えします

かまぼこ さつま揚げ 
初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこさつま揚げお試しセット贈答ギフトお祝い・内祝い法事・仏事用

ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 秋〜冬の話題目次
    舞 鶴 ・ 旬 の お い し い 楽 し い 話 題   
舞鶴のおいしさ楽しさ体験記
舞鶴の地域を守る 消防団  舞鶴港で開かれた 出初め式


舞鶴のような田舎では、
地域の安全を自分たちで力を合わせて守るという
意識が高くあります

舞鶴の消防団は、田辺藩時代からの歴史があり、
今もなお、普段は別の職業をもちながら、
地域を火災や災害から守るため、奉仕の精神で
日々消防活動の訓練をしている消防団が 
西・東あわせて 全部で 20存在します。
舞鶴市の消防団

舞鶴の消防団の年頭の訓練の一環である 
出初め式が、嶋七前の舞鶴港で行われたので、
見に行ってきました。

今日は浜が休みの日なので、
いつもはかもめの泣き声だけが
響く静かな日のはずなのですが、

消防車や消防団の放水を見ようと、
子供たちをつれた多くの見物客でにぎわいます。

はしご車、水槽車、そして、各消防団のポンプ車など
数々の消防車が 舞鶴港へ勢ぞろいし、

はしご車が空高くはしごを伸ばし、
天の上から見事な放水をすると


ずらりとならんだ各消防団のポンプ車より
号令とともに  舞鶴の海へ向かって 
団員の皆さんが一斉放水。

人々の歓声があがり、
ものすごい勢いで出る水の迫力に圧倒されるとともに、
その放水を支えている
団員さんたちの勇ましさに感動しました。


子供たちも  水しぶきをよけながら、
その様子を真剣に見ています


消防団について、いろいろという方もありますが、

地域のために 日々の時間を割いて訓練し、
いざというときに備えてくださっていることを実感し、
本当にありがたく 思いました。

また、このような式で、子供たちや地域の人に 
火災・防災について 関心を集めることは
大変意味のあることだとも思いました。

みんな気のいいおっちゃんたちです。
舞鶴の消防団の皆様、また消防署のみなさま
いつもいつも 本当にありがとうございます。

そして これからも 火災・災害から守るために
どうぞ よろしくお願いいたします。

舞鶴市の消防団


嶋七ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 秋〜冬の話題目次へ




舞鶴土産に 舞鶴の地域ブランド 舞鶴特産 味わい深い かまぼこ 天ぷら 【京都・舞鶴かまぼこ嶋七】 
◆京都・舞鶴かまぼこ  株式会社 嶋 七
    業務内容:水産練り製品の製造、卸売り、一般小売
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3203、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
Copyright(C)  京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved