舞鶴観光ガイド 舞鶴 万願寺とうがらし
舞鶴観光ガイド〜舞鶴特産の万願寺とうがらし は今注目の京野菜
夏のおいしい話題(旬の特産品)を嶋七4代目若女将がお伝えいたします
初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこさつま揚げお試しセット贈答ギフトお祝い・内祝い法事・仏事用

ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 舞鶴夏の話題目次
    舞 鶴 ・ 旬 の お い し い 話 題   
舞鶴のおいしさ楽しさ体験記
舞鶴特産 の京野菜 万願寺とうがらし、もうひとつのお楽しみ♪
舞鶴の夏の野菜といえば、
京野菜として、舞鶴産の「万願寺とうがらし」は、
夏の不動の舞鶴特産品
です。

5月の半ばより、初出荷がはじまり、
舞鶴の夏の風物詩でもありますね。


舞鶴市民でこの野菜を知らない人はいないでしょう。
唐辛子なのに、辛くない。甘いピーマンかしし唐のようで、おいしいんです

我が家へ来る夏のお客さまには、必ずこの万願寺とうがらしを
食べていただくのですが、
初めて食べた方はえらく感動してもらったりして、
帰りにお土産で 欲しいと言われたりするんです。

網やロースターで素焼きして、
鰹節としょうゆたらりかけて
いただくのが美味しい食べ方。


ちりめんじゃことさっと炊いても
おいしいですね
※万願寺とうがらしのもうひとつのお楽しみ♪
万願寺とうがらしはいちお唐辛子なのでごくたま〜に当たり(ウキャーという辛さのあるもの)があります

嶋七の昼食の時、おかずにでると、社員16名のうちだいたい1人くらい当たりの1つを食べることに・・・
その一人は「今日は当たりの日だね。何かいいことあるかもよ〜♪」とみんなで笑います。
これがまた、楽しいんですよ。

おまけの話:水無月を作って季節を感じる〜(6月)

京都の6月といえば、和菓子・水無月を思い浮かべる人も
いるのではないでしょうか?

嶋七の義母は毎年6月になると手作りの水無月を作ってくれます。

いつも子育てと仕事に追われバタバタしている私は
義母の水無月を見ると6月になったんだなあとしみじみ感じるのです。

義母の作る水無月は甘さが控えめでとってもおいしいんですよ。
もらったそばから手づかみでパクっと食べてしまいました。
冷たい抹茶にはもちろんアイスコーヒーにもよく合います。
◎水無月の作り方(義母のレシピです)
 材料:小麦粉110g、上新粉50g、砂糖200g、ぬるま湯420cc、抹茶適量、甘納豆適量

1)粉類、砂糖、ぬるま湯を混ぜ合わせ、色を見ながら抹茶を適量入れ、こねる。
2)型に2/3流し入れ、強火で20分蒸す。
3)甘納豆を振り、残り1/3を流し入れ10分蒸す。
4)常温で冷まし、三角に切り分ける


◆京都・舞鶴 かまぼこ 嶋 七
   業務内容:かまぼこ、天ぷら、さつま揚げ など 水産練り製品の製造、販売、通販
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3203、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
Copyright(C)  京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved