舞鶴出身の落語家 落語会 舞鶴出身の落語家 笑福亭遊喬 さん、 地元舞鶴での落語会 舞鶴観光ガイド〜
京都府舞鶴の楽しい伝統行事やイベント情報などを嶋七が楽しくお伝えいたします

かまぼこ さつま揚げ 
初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこさつま揚げ天ぷらお試しセット贈答ギフトお祝い・内祝い法事・お供え 
ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 
    舞 鶴 ・ 旬 の 楽 し い 話 題   

舞鶴出身の有名人のひとりに、
とても親しみやすい 落語家の方がいらっしゃいます


 笑福亭 遊喬 さん

  笑福亭 遊喬さんのプロフィール(HPより)

笑福亭 遊喬 さんは、上方落語の中心的存在の

笑福亭 松喬さんのお弟子さんです。

先日、ふるさと舞鶴で 笑福亭 遊喬 さんと、
笑福亭 鶴瓶さんのお弟子さんの 笑福亭 由瓶
さんの
の二人会(落語会)が開催されたので、
家族で見に行ってきました。

笑福亭 遊喬由瓶 二人会 イン 舞鶴
先日 やっと落語を生で聴く機会に恵まれました。
 舞鶴出身の「笑福亭 遊喬さんと由瓶さんの落語会」が、 舞鶴で開かれたからです。

 やはり、生で聴く落語は、面白さが違いますね〜。

 遊喬さんは、私がよくCDで聴く落語のひとつ
 「とみくじ」のお話でしたが

 独特の語り口に、豊かな表情と
 身振り手振りが加わって、
 落語の中の登場人物が次々に飛び出し、
 お話の世界に引き込まれていきます。

 どっぷりと落語の笑いの中につかり、
 清清しい気分になりました。

 落語好きの小学3年の娘も
 お腹をたたいて、笑っていましたよ。 
 これからも、益々「落語」に夢中になりそうです。
 笑福亭 遊喬由瓶 二人会
 開催日  平成20年 6月 28日 午後6時開場、6時半開演
 開催場所  東舞鶴  マイコム 
 入場料  前売り 1500円 / 当日券 1000円

   かまぼこをお土産に・・・するとびっくり!

お土産に持っていったかまぼこ御蒲鉾
 当日 遊喬さんに「かまぼこ」をお土産に持っていくと、 
とても喜んで下さって、
 「舞鶴かまぼこ」をさりげなく、
 その日の落語の中に取り入れて、話してくだいました。


 奥様からは、後日ご丁寧なお手紙と一緒に、
 遊喬さん手ぬぐい を頂戴し、びっくり!
 どうもありがとうございました。

追伸: 私と落語との出会い・・

最近、私が夢中になっているのは、 「落語」。
 車を運転する時のBGMは、たいてい「落語」なんですよ。
 「落語」を聞きながら運転すると、遠出するときも、ちっとも苦になりません。

 今は、空前の「落語ブーム」なのだそうでしが、
 私の場合、その落語が好きになった きっかけは、2年ほど前に
 舞鶴で開かれた「笑福亭 松喬さん・鶴瓶さんの二人会」にさかのぼります。

 その時に、「笑福亭 松喬」さんのお弟子さんの 「笑福亭 三喬」さんから
 かまぼこのご注文をいただき、
 会場まで配達させていただいたのが始まりです。 

 正直、「落語」は、よくわかりませんでしたが、
 その時、「笑福亭 三喬」さんや 地元舞鶴出身の「笑福亭 遊喬」さんとお会いし、
 その親しみやすい人柄に 魅かれました。
 (笑福亭 遊喬さんもその時 お土産に・・とうちのかまぼこを持っていて、びっくり)

 お二方とも、またお二人の師匠さんの松喬さんも かまぼこが好きなのだそうです。

 その講演の次の日、弊店に
「笑福亭 松喬さんの追っかけです。」とおっしゃられる ご年配のご夫婦が お見えになり、
 落語の楽しさや面白さをお聞かせいただき、
「ぜひ、一度 落語を生で聴いてください!」を 言って帰られました。
 
 そして、やっと今回 落語を生で聴く機会に恵まれた訳です。

 私が車で落語を聴いているので、落語好きになった小学3年生の娘なのですが、
 落語の寄席は、小学生お断りと書いていたりして、なかなかいけませんでした。
 今度は、小学生もOKで、本当よかったです!

 遊喬さん、 笑福亭 松喬一門の皆様、 ありがとうございました。


京都・舞鶴かまぼこ嶋七ホーム >舞鶴旬の話題TOP  



かまぼこ 天ぷら おでんの 京都・舞鶴かまぼこ嶋七


嶋七かまぼこホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 舞鶴出身の落語家 笑福亭 遊さん
◆京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七

   業務内容:かまぼこ、天ぷら、さつま揚げなどの 水産練り製品の製造、販売
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3203、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
Copyright(C)  京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved