舞鶴観光ガイド 舞鶴映画撮影
舞鶴観光ガイド〜京都・舞鶴の季節のおいしい話題(旬の魚や特産品)、楽しい情報(伝統行事やイベント情報など)嶋七4代目若女将の体験を交え、お伝えいたします

初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷらさつま揚げお試しセット贈答ギフトお祝い・内祝い法事・仏事用
嶋七ホーム  > 舞鶴旬の話題 >吉原映画撮影「ニワトリはハダシだ」
    舞 鶴 ・ 旬 の お い し い 話 題   
舞鶴のおいしさ楽しさ体験記
七の生まれ育った漁師町・吉原が 映画の舞台になりました
2003年5月〜6月に、嶋七の生まれ育った小さな漁師町・吉原に映画撮影隊が来ました。
嶋七の社員、お客さん、ご近所の人などなど・・・エキストラで参加したんですよ。
静かな町が大騒ぎだった このエピソードについて、映画試写会についてをお話します。

撮影隊が帰る前、スタッフの方が
舞鶴特産のかまぼこを食べてみたい」と
当店へ寄ってくださいました。
どうもありがとうございました。
  「ニワトリはハダシだ」舞鶴での試写会行ってきました!

11月13日から
東京でのロードショーです!

「ニワトリはハダシだ」って
どんな意味か知っていますか?

・・・映画を見ると、その答えがわかります!
海軍鎮守府のもとで発展した町の光と影に彩られた舞鶴の近現代史を背景に、在日朝鮮人と日本人の元夫婦、知的障害の子供と養護学校教諭らの家族を描く

出演は 主人公のサムに浜上竜也くん。
     その父親役に原田芳雄さん
     母親役、倍賞美津子さん。
    熱血教師役に 新人の肘井美香さん。
     他多数有名俳優が出ていました。

 ●ベルリン映画祭の招待作品にもなった話題の映画です。

▼映画の詳しい内容は、こちらのホームページに載っていますよ。 映画好きの方は見てくださいね
>> 映画 ニワトリはハダシだ の内容 
 2004年 11月5日、7日
 東京でのロードショーの前に、映画の舞台となった舞鶴で
 日本初公開の映画上映会が開かれました。

 舞鶴は、台風23号で大きな被害を受けたばかりだったので、
 この映画上映会も他の多くのイベントとともに中止になりかけましたが、
 多くの人たちの要望もあり、無事開催されました。

  私も、嶋七の生まれ育った吉原が舞台で、何度も撮影を見に行き、
  待ちに待った上映会の無事開催に、ほっ。。。。

 上映会は、映画監督の森崎さんのお見舞いの手紙が読まれ、始まりました。

 映画は、舞鶴湾の美しい情景から始まります。
 そして、主人公のサムの住む家は、
 昔懐かしい生活の情緒ただよう吉原にあります。

  知的障害をもつ主人公。 警察の汚職、暴力団との癒着など
  社会派的な要素をもつ映画でもあるのですが、
  ユーモアあり、 どこか人間の温かみを感じる映画でもあり、
  ベルリン映画祭りで絶賛だったというのがわかるような気がしました。

 この映画、舞鶴のすばらしさを前面に出した映画に仕上がっています。

 舞鶴の海の美しさ、吉原の生活のにおいのする水路。のどかな田舎の風景。
 舞鶴の伝統的な夏まつり、勇壮な火祭り 吉原万灯篭、城屋の揚げたいまつ
 小橋の精霊船など、舞鶴の様々な映像が写しだされました。
 
 スクリーンを通してみて、こののびのびとした舞鶴の魅力を
 改めて感じました。

 そして、舞鶴に住むひとりとして、この映画を製作に携わってくださった皆様に
 改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。どうもありがとうございました。

 追伸:
 嶋七ホームページ専属モデルの男の子が、主役男の子とともに
 スクリーンの中央に3秒も 映っていましたよ〜!

 仕事を半休してまで、早朝よりエキストラとして参加した
 うちの従業員は、 カットされていて、
 ガックリきていました〜 。。残念!。。。



  「小さな漁師町・吉原に撮影隊がやってきた〜!てんやわんやの大騒ぎ 2003.5〜6月

わかりにくいですが、オレンジ色の服が
倍賞美津子さんです。



吉原の地元祭り水無月祭りの撮影で
組まれたセット、
町をあげての協力です
嶋七の生まれ育った小さな漁師町・吉原で映画の撮影隊がやってきました。
”えっ〜っ映画の撮影隊が来るって!”

そんな声と共に嶋七から歩いて5分の小さな漁師町”吉原に
瞬く間に撮影隊のやぐらが立てられ、
古い民家を改造し、セットが組まれました。

漁師役らしいの俳優 原田芳雄さんを撮影しているのを
吉原の本物の漁師が朝から一杯ひっかけて
いつものパッチ姿で覗きにいくと、
そこに監督らしき人・・・

「いいね〜。実にいい。そのままの姿でエキストラに・・・・」といきなり出演!
「今日は吉原火祭りの撮影。うちわを持って、浴衣・半袖姿で100人橋へ集合!」
なんていうと、あっというまに人づてで声がかかり、
おっちゃんおばちゃん子供たちが集まります。

そして「わしの嫁さん女優やで〜!ガハハ・・・」
「スカウトされたらどうしよ〜!」なんてわいわいがやがや・・・と
   笑顔・笑顔・笑顔・・・・・・・

まあ、小さな漁師町の一大イベントとして町をあげて楽しんでいるわけです。

この舞鶴の小さな漁師町吉原が舞台の映画は
原田芳雄さん・倍賞美津子さんなど豪華俳優の出演する
「ニワトリはハダシだ」とか・・??いう題名らしいです。

嶋七の従業員、親戚、得意先のお客さん、保育園の先生やお友達のお母さん
など多数エキストラで出演します!(すいません。全く内輪のはなしでした)
嶋七ホーム  > 舞鶴旬の話題

◆京都・舞鶴かまぼこ 
株式会社 嶋 七
    業務内容:水産練り製品の製造、卸売り、一般小売
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3203、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
Copyright(C)京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved