さつま揚げ 料理 レシピ きんぴら
京都の海の玄関 舞鶴のかまぼことさつま揚げの専門店 嶋七がお届けする
4代目若女将のかまぼこ・さつまあげ簡単料理レシピ集。ヘルシーメモ付。

初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷら(さつま揚げ)お試しセットギフトセットお祝い・内祝い法事・お供え 
嶋七かまぼこホーム    さつま揚げ料理レシピ 
 お い し い ♪ ヘ ル シ ー♪ か ま ぼ こ レ シ ピ
◆◆ ひら天 と いものつる の 韓国風きんぴら  ◆◆◆

   ピリ辛が人気の韓国風のお惣菜、ひら天でぐっと味わい深く・・・。
ひら天といものつるの韓国風きんぴら
嶋七4代目嫁からのコメント
箸休めにぴったりの韓国風のお惣菜です。
韓国料理の得意な嶋七の社員の人から教えてもらったお料理で、嶋七食堂の人気惣菜です。
韓国風唐辛子は、ひら天と本当によくマッチして
おいしいですよ。チゲ鍋やチジミにもひら天があいます。
材料 (4人分) :ひら天2枚、いものつる 2束、こんにゃく半分
          韓国風唐辛子、サラダ油、ごま油1、
          砂糖、めんつゆ、ごま


作り方
1) いものつるは、塩を入れたお湯でさっと(1分ぐらい)ゆがき、
        冷水にとる.一本、一本皮をむき、3cmぐらいに切る.。

     2) ひら天は、さっとゆがいて油抜きし、、3cmぐらいの細切り.
       こんにゃくも同じぐらいの大きさに切る。

     3) こんにゃくを空炒りし、サラダ油(小さじ1ぐらい)を入れて炒め、
        いものつる、ひら天を入れて、さらに炒める.。
       
     4) 砂糖、めんつゆ、韓国風唐辛子を入れ炒め、
       ごま油少々で香りづけし、さらによく炒め、味をしみこませる.。

     5) 仕上げにごまを入れ、よく混ぜる。
▼こちらのレシピにおすすめは  プレーンさつま揚げ「ひら天」
プレーンさつま揚げ ひら天 
そのままあぶって・・  お料理に幅広く・・・
「ひら天」は、京都の海の玄関 丹後 舞鶴で、
長年愛され続けてきた 天ぷら(さつま揚げ)。

新鮮なたちうおからつくるすり身と、
厳選されたスケソウダラのすり身を合わせ、
なたね油でさらりと揚げました。
薄めに仕上げたプレーンのひら天
ややソフトな食感で、お魚の風味が生きています。

そのやさしく飾らない味わいは、「懐かしい 舞鶴の味」として、
今もなお 小さな子供からお年寄りまで広く愛されて続けています。

そのままあぶって・・  お料理に幅広く・・・
天ぷらはちょっと網やフライパンで焼き、
生姜醤油をつけて食べると最高においしくいただけます。
また、おでんや青菜やモロッコ豆などと煮びたしにすると
だしもほどよくしみ、おいしく仕上げます。
その味わいと食感から、いろいろな料理に
幅広くお使いいただけます。
●お客様の声 (奈良 上北様)
 てんぷらも油濃くなく、そのまま頂きました。
「おでん」に入れてしまうのは,もったいない気がします。


●お客様の声 ( 居酒屋 I 様)
 京都で 居酒屋をしている I です。
 嶋七さんの天ぷらをいつもうちの店の料理の一品として、 お客さまにお出しするのですが

 大皿にのせて出す間に、あっという間になくなってしまうんですよ。 

◆◆◆ つくり手より ひとこと ◆◆◆

4代目 嶋田克己
 「さつま揚げ」のことを 舞鶴を含む関西では「天ぷら」「てんぷら」と呼びます
 
 京都の海の玄関、舞鶴長年親しまれ続けている 「ひら天」「ごぼう天」は、
 近海の新鮮な生のたちうお や あじなど、季節に応じた魚からつくるすり身と
 厳選した「タラ」のすり身を、昔ながらの石臼で練り合わせて作ります。 
 天然塩で引き出したお魚の味わいと、上天よりややソフトな食感が特長
で、
 舞鶴を離れた方でも「懐かしい味」として、定期的にお取り寄せくださる方も多いさつま揚げです。
 
 舞鶴で昔から庶民の味として愛され続けてきた「ひら天」は、
 肉薄の形と、そのほどよい食感から、そのまま 食卓の一品としてだけではなく、
 「おでん種」としてはもちろん、幅広い料理にもお使いいただけますので、
 「冷蔵庫に必ずある食品」と・・うれしい声をいただくこともしばしばです。

 また、保存料や酸化防止剤、着色料 無添加
 良質な なたね油100%
使用しておりますので、お子様のおやつにもおすすめです。

 また、さっと出汁で炊くと、贅沢なおでんにも仕上がります。
 煮込み過ぎないほうが、お魚の旨みがほどよく染み出て、よりおいしくいただけます。

私たちの蒲鉾・さつま揚げづくり
   >かまぼこ屋 嶋七について

■■ヘルシーメモ■■
 いものつるって? 
 いものつるは、さつまいものつるのこと。
 さつまいもの収穫時期になると、同時に収穫することができます。
 戦時中によく食べられた方もいらっしゃるようですが、食物繊維が豊富で、おいしい食材なのです。
 芋ほりの時には、ぜひ「いものつる」も忘れずにとって来て、秋の味覚を味わってくださいね。



ホーム    かまぼこレシピ

おいしい食べ方(基本編)かまぼこレシピかまぼこ飾り切りかまぼこでヘルシーライフお祝い・おせちにかまぼこ
ホーム かまぼこレシピ 
    京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七
   所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21
         TEL:0773-76-3204、 FAX:0773-76-6062、
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
      
Copyright(C) 嶋七 All Rights reserved