かまぼこ 料理 レシピ

 
かまぼこ・さつまあげ料理オリジナルレシピ集。京都・舞鶴の蒲鉾とさつま揚げの専門店嶋七の4代目若女将がご紹介します。ヘルシーメモ付。

初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷらさつま揚げお試しセット贈答ギフトお祝い・内祝い法事・仏事用
ホーム    かまぼこレシピ 
 お い し い ♪ ヘ ル シ ー♪ か ま ぼ こ レ シ ピ
◆◆◆ かまぼこ と たけのこ の 木の芽和え  ◆◆◆

    春の息吹を感じる竹の子の木の芽あえ、かまぼこと合わせ味わい深く・・・。


4代目嫁よりコメント:
春のおもてなし料理にぴったりのかまぼこ料理。
春の息吹を感じさせるたけのこや木の芽のほろ苦さが
かまぼこととてもマッチしていておいしいです。
竹の子のシャキシャキした食感と、かまぼこのぷりぷりした食感の組み合わせもなかなか面白いですよ。
木の芽和えは、いかやアサリなどの魚介とあわせることが多いですがかまぼこなら下処理がいらず、簡単ですね。
春のおもてなし料理にはもちろん、旬のたけのこをつかって、料理をつくる際のもう一品として気軽にどうぞ。

材料 : かまぼこ(舞づる蒲鉾白)、たけのこ、木の芽、ほうれん草少々
    たけのこ煮汁
      (だし汁1カップ、薄口しょうゆ小さじ2、みりん小さじ2、塩少々)
    木の芽みそ
      (木の芽8枚、ほうれん草の穂先少々、
       西京味噌(白味噌)50g、砂糖大さじ1、だし汁大さじ3
       みその味をみて加減してください)
      
作り方:

1)たけのこは、米ぬかと一緒に茹でて、茹で汁ごと1晩さまし、
 皮をむき、 1センチ角に切る。
 煮汁を煮立てて、味を含ませ、汁気を切る

2)かまぼこは、たけのこよりやや小さめの8mm角くらいに切る。

3)ほうれん草の穂先は、細かく刻み、茹でで浮いてきたほうれん草を
 すり鉢で潰す。木の芽の葉を刻んですり鉢で潰し、
 白みそ、砂糖、だし汁を加えて、木の芽味噌をつくる。
 (このとき白味噌は、甘めのものを使い、その味噌の味によって、
 味を見ながら砂糖などの量を加減してください。
 蒲鉾が入るので、普通の木の芽味噌よりやや薄味に仕上げるのがポイント
4)1)のたけのこ、2)のかまぼこを、3)の木の芽味噌で合え、
  盛り付け、最後に木の芽を飾る

▼ こちらのレシピにおすすめのかまぼこは 


極上かまぼこ 舞づる (210g)


京都の海の玄関・舞鶴で育った 
嶋七伝統の最高級かまぼこ「舞づる蒲鉾

高級かまぼこの原料としての知られる
近海の白グチ、エソなどの
新鮮な生魚からつくるすり身をふんだんに使用、
赤穂の天然塩
で、魚本来の旨みを引き出し、
職人が丹精込めて仕上げた 食通にも好まれる
嶋七伝統の最高級かまぼこです


しこしこっとした心地よい歯ざわりと 豊かなお魚の旨みが
豊かな時を過ごすお酒のおつまみおもてなしにぴったり。
おせちの重箱にもちょうどいい 大板のかまぼこです

極上かまぼこ舞づるのお客様のご感想

●お客様の声 (福岡県 濱田 様)
私は、『舞づる』が一番好きです。こんなに味わい深いかまぼこは始めて食べました。
お口のなかでお魚の味がじゅわ〜〜〜っ!

お客様の声  (神奈川 H 様)
  早速いただきましたが魚の味が申し分ありません. 歯ごたえもあり又近い内注文させていただきます。


お客様の声  (神奈川 M 様)
 
かまぼこなんて、あまり食べませんでしたが、
 舞づるかまぼこを食べて、かまぼこに対しての概念が変わりました。
 義母も大好物でまた友人,親戚等に贈りたいと言っていました。


舞鶴かまぼこ マスコミでも話題に!  (TV、雑誌、新聞などでご紹介いただきました)


KBS京都TV「こちら海です」
レポーター試食、
絶賛
していただきました。

雑誌大人組
「愛しき美味佳品〜頑固もの百貨」でハレの日のお酒にぴったりの蒲鉾として紹介

お正月特集
「舌鼓をうつ〜幸せをよぶ取り寄せの品々

大阪新聞
「生すり身こその味」


その他「家庭画報

嶋七かまぼこホーム    かまぼこレシピ 

おいしい食べ方(基本編)かまぼこレシピかまぼこ飾り切りかまぼこでヘルシーライフお祝い・おせちにかまぼこ

かまぼこ飾り切り ちょっとした演出でお祝い気分を
盛り上げませんか?


お正月に役立つ

かまぼこ飾り切り
         
ホーム かまぼこレシピ 
    京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七
   所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21
         TEL:0773-76-3204、 FAX:0773-76-6062、
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
      
Copyright(C) 嶋七 All Rights reserved