嶋七かまぼこ スタッフ紹介
京都の海の玄関 かまぼこの街 舞鶴より、昔ながらのお魚の旨みが生きた
ぷりぷりっのかまぼこと季節のさつま揚げをできたて直送します!
かまぼこ さつま揚げ 
初めての方へご注文についてお客様の声メールマガジン問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷら(さつま揚げ)お試しセットギフトセット慶事用法事・仏事用 
ホーム  > ようこそ嶋七へ > ごあいさつ >自己紹介
スタッフ自己紹介

店長@ 嶋七4代目女将 プロフィール

4代目若女将 嶋田典子

お客さまとの交流やおすすめ情報
ブログ 嶋七の今日の笑顔


オンラインショップ
マスターズクラブ正会員
1970年生まれ O型 
北海道札幌市生まれの 東京育ち
2児の母。

舞鶴の海が好きで、お魚が好き、かまぼこが好き
嶋七へお嫁に来る前は、嶋七のお客さんのひとりでした。

おっとり してますが、涙もろい情熱派です。

それと思い込んだら一直線・・で、

この舞鶴のかまぼこ屋と かまぼこを愛する人たちに憧れて
 嶋七へお嫁に来たというわけです。(*^_^*)


かまぼこを使ったお手軽、ヘルシー料理作るのが好き。

嶋七のHP制作、メールマガジン・ブログの執筆をしています。

まだまだ未熟な 私ではございますが、
たくさんの温かいお客様の声に励まされ、支えられて
日々成長させていただいております。
これからも ひとつひとつの出会いを大切に がんばってまいりますので、
どうぞ よろしくお願いいたします。


WEBショップ開設までの道のり

> ごあいさつ へ戻る


 嶋七4代目 プロフィール
嶋七4代目 嶋田克己
嶋七代表取締役
4代目 嶋田克己

1969年生まれ A型
舞鶴生まれの舞鶴育ち。
赤ちゃんのころから、かまぼこの工場内で育ち、
ものごころつく頃には、父のもと、かまぼこ工場を手伝っていました。

東京水産大学水産学部食品生産学科(食品加工学 かまぼこ研究室) 卒業後
本格的なかまぼこ修行。かまぼこづくり 22年
平成19年 37歳で 嶋七代表取締役に就任

舞鶴特産と組み合わせた
舞鶴かに物語」、「舞鶴漁師揚げいか天」、などのアイデア商品を開発

舞鶴蒲鉾組合青葉会副会長。

子供たちへの工場見学や手づくり体験などの指導にも力を入れています。。

まず地域に根ざし、地域に愛される商品づくりが基本ポリシー。

●早寝早起きの自称さわやか系??
食には、ちょっとうるさく、朝のおめざでいただく 和菓子が1日の活力。

根っからのキレイ好きのため、自ら 工場の掃除にも 余念がありません。
 

> ごあいさつ へ戻る


WEB店長プロフィールと WEBショップ開設のきっかけと経緯
         

東京水産大学(現在の東京海洋大学)水産学部 食品生産学科で
 食品の加工技術や分析などについて
学んでいるところ・・・

 かまぼこの加工技術等を 同大学で学んでいた嶋七4代目 嶋田克己と出会いました。

 そこで自然と魅かれあい、付き合い始めて、 
 初めて、舞鶴(嶋七)のかまぼこや天ぷらを食べました。

 そのとき私の中の水産練製品に対するイメージが変りました
  
”かまぼこって、こんなに魚の香りがして、ぷりぷりして、美味しいものなんだ。
  天ぷらってこんなに味わい深いものなんだ・・・・”
と。

  そして、かまぼこの研究をしながらも、
  
”小さな店でいい。ただ、心からおいしいと思うものをつくりたい”と 熱く語る4代目に魅かれました。

  大学卒業後、私は大手食品メーカーの品質保証部・研究スタッフとして
 
食品の品質管理や品質保証の業務に携わり、 食品の安全管理等についての知識を深めました

 4代目はかまぼこ研究室で研究生をしながら、 水産庁の調査船での漁業(アルバイト)を経験し、
 より魚への関心を深め、 舞鶴へ戻り、本格的なかまぼこづくりの修行に入りました。 


 1996年 4代目との結婚を機に、私も嶋七の社員となりました。

  かまぼこの製造を手伝いながら、工場に直接買いに来る地元のお客様や
  遠くからかまぼこを送ってほしいとおしゃるお客様と接し、

  「やっぱり舞鶴のかまぼこは一番やな〜」という
  お客様の温かい言葉をいただく度に、 

  もっと多くの方に舞鶴のかまぼこの美味しさを伝えたい
  ふるさとを離れた方に、懐かしい味をもっと気軽にお届けできたら  と思う気持ちが高まりました。

  
   
 1998年 手作業から顧客管理始め、カタログ通販を始めました。 
 
 1998年  旬の素材を取り入れた夏季限定品の発売を開始。。

  手探りで始めた通販でしたが、 多くのお客様の温かい励ましの声もあり、
  お客さまがお客さまを紹介してくださったり、
  ご贈答された方が、おいしかったとご注文してくださったりし、
  
少しずつ、自然と全国に嶋七のお客さまが増えていきました

 2001年7月 北釧水産・神山さんの講演を聞き、
 オンラインショップによる情報伝達とお客さまとのコミュニケーションのすばらしさに感動し、
 同年 10月末 自力でホームページを開設しました。
 

 それと同時に、若い方のかまぼこ離れを感じていた商品開発担当の
 4代目新商品の開発に試行錯誤。

 嶋七伝統のかまぼこのよさと、かにの風味を生かした「舞鶴かに物語」の誕生しました。
 新聞・雑誌で取り上げれると共に、少しずつご注文をいただけるようになりました。

 そして、「地物の旬素材を中心とした季節商品4代目(主人)が作り、
 私が売るという 夫婦2人三脚での取り組みを強めました。

 新鮮な魚介類をまるごと天ぷらにした 舞鶴漁師揚げいか天 
 舞鶴漁師揚げはたはた天は人気の商品となりました。

 また通販を通じ、舞鶴出身者の舞鶴かまぼこに対する強い愛着に触れ、
 ホームページの内容に、全国にいらっしゃる舞鶴出身者のふるさと・「舞鶴の今(旬)の話題」を提供し、
 ふるさと舞鶴を感じていただけるコーナーを開設「舞鶴旬の話題」

 2003年6月 メールマガジン「嶋七 旬だより」を発行開始
 
嶋七の季節商品のご案内や旬の食材の話題や舞鶴の旬の話題を交えて、
 かまぼこの美味しい食べ方や楽しみ方などの話題を提供しています

 オンラインショップの運営に関しては、
 オンラインショップマスターズクラブ(全国規模のオンラインショップ運営のための勉強会)
 に入会


 ネット業界で活躍されている 「そばの里」古川さん「播州ハム」堀田さんを始め、
 「Eビジネスは人間力」のもとに真の商売について深く勉強させてもらっている私の心の師匠
 ネット界のカリスマ傘屋の宮武さんや 傘家一門の皆さま方
 など多くのオンラインショップの先輩方にご指導いただきながら、 ネットショップ運営に
 日々試行錯誤の連続。
  
 また、京都府北部では舞鶴・宮津福知山など中心のオンラインショップのネットワークなどに所属し、
 地元でがんばるオンラインショップの仲間と共に、勉強を重ね、地場のオンラインショップの活性化を共に目指しています。

ネット立ち上げまでのドタバタ奮闘記
(WEBマスター@4代目嫁の〜ネットたち上げまでの道のり)

メディアの皆様、本サイトのご興味を持ってくださったへ


このページのTOPへ戻る




ホーム  > ようこそ嶋七へ > ごあいさつ(サイト運営にあたって)・自己紹介
◆株式会社 嶋 七
   業務内容:水産練り製品の製造、販売
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3204、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
Copyright(C) 京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved