嶋七かまぼこ お客様の声
京都の海の玄関 かまぼこの街舞鶴より、昔ながらのお魚の旨みの生きた
ぷりぷりっのかまぼこと季節のさつま揚げをできたて直送!保存料無添加


初めての方へご注文についてお客様の声メールマガジン問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷら(さつま揚げ)お試しセット贈答ギフトお祝い・内祝い法事・仏事用 

嶋七ホーム > お客さまの声 > お客さまの声(担当者からの返信)
お客さまの声 (4代目女将からの返信)
お客さまからのメールやお手紙はスタッフ皆で
ありがたく、拝見させていただいた後、
店長(4代目嫁)が 必ず返信しております。


みなさんの温かいお言葉やお心遣いに
支えられている毎日・・・いつもいつも感謝しております


4代目若女将からの返信の ほんの一部を紹介いたします
 >> お問合せ・ご感想はこちらから
御蒲鉾(塗・焼) はも板  奈良県 市川様

奈良市の市川と申します。
例年ですと実家の父に頼み、蒲鉾を注文し発送頂いてるのですが、
今年は インターネットで直接注文させて頂きました次第です。
お盆、お彼岸に帰省しました際には、
そちらに立ち寄らせて頂き、お買い物をさせて頂いております。
今回発送をお願いしております先方は、会社の友人で、
これまでは百貨店等で蒲鉾を買っていたけれど、高いだけであまり美味しくなく、
あちこちで美味しい蒲鉾を探していたそうで、
私が十年程前に嶋七さんの蒲鉾をわけてあげたところ
今まで色んな蒲鉾を食べたけれど、ここのが一番美味しい!」と大変喜び、
それ以来この友人に嶋七さんの蒲鉾を贈っております。
 
また帰省しました際には、立ち寄らせて頂きますので、
今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。
担当者(WEB店長@4代目嫁)よりの返信 
 
おはようございます。
舞鶴かまぼこ嶋七の嶋田典子です。

いつも嶋七のかまぼこを愛してくださり、大変感謝しております。

また、長年にわたりお父様には、
多くの皆さまに嶋七のかまぼこを広めてくださり、
そして嶋七を支えてくださって、本当に感謝しております。

そして、克也さまのお話などずっとうれしく
聞かせていただいていて、私たちのかまぼこづくりの
どんなにか励みになったか わかりません。

そして、またこうして克也さまよりご感想をお寄せくださり、
感謝の気持ちと共に、おいしいかまぼこづくりのために
ますます家族・従業員一同でがんばっていこうと心新たにいたしました。

本当にありがとうございました。またのご来店もお待ちしております。

もう、2004年もあとわずか。

市川さまとご家族のご健康とお幸せをお祈りいたしますと共に、
どうぞ、よい年をお迎えくださいませ。

今後とも、末永くよろしくお願いいたします。

漁師揚げいか天と蒲鉾ちぎり天のセット 京都府 福本さま
     (舞づる
(紅・白)
はも板
漁師揚げいか天ちぎり天)  

 先日はありがとうございました。
 どれもおいしく頂きました。 父は特に はも板がお気に入りのようです。

 知り合いの方にもお正月用に贈って差し上げたいのですが、
 舞づる6枚、はも板4枚の合計10枚とかはできないでしょうか?
 また年内最終で 発送して頂けるのは、何日まででしょうか?

担当者(WEB店長@4代目嫁)よりの返信 
 
 こんばんは。 舞鶴かまぼこ 嶋七のWEB店長嶋田典子です。
 先日は、嶋七の商品をお買い上げいただきまして、
 ありがとうございました。

 かまぼこ・天ぷら共に気に入っていただけて、 大変うれしいです。
 早速、製造スタッフにも伝えたいと思います。
 どうもありがとうございました。

 お父様にもよろしくお伝えくださいませ。

 >舞づる6枚、はも板4枚の合計10枚とかはできないでしょうか?

 はい。できます。
 ご贈答用のきちんとした化粧箱入りは、
 商品代金プラス箱代210円(税込)となります。
 もちろん、のし紙(無料)もおつけできます。

 ▼包装形態
http://www.shima7.com/tyu-mon/gift-taiou.htm

 (10枚入の箱は白地の貼り箱となり、
 「舞づる」のロゴは入っていないタイプのものになります。)
 
 ネットでご注文の際は、
 バラの商品と備考欄に化粧箱入希望とお書きください。
 
 ご注文確認後、化粧箱代をプラスした正式な請求金額を
 メールにて、お知らせいたします。

 または、買い物かごで、ご注文しにくい場合は、
 FAXでもお電話でもお受けいたします。 もちろんメールでも結構です。

▼FAX注文用紙
  http://www.shima7.com/tyu-mon/faxyoushi.htm

▼電話番号(0773-76-3203)
 受付時間 日〜金 9:30〜5:00
         土   9:30〜13:00

>年内最終で発送して頂けるのは何日まででしょうか?

 ★最終発送は 12月29日発送

 (北海道・北東北・九州の一部・沖縄・離島を除き) 翌日着となります。

 ただ、大変申し訳ないのですが、
 年末は大変ご注文が込み合いますので、
 
 ★年内ご注文締切日 12月22日となります。

 これから寒くなってまいりますが、
 福本様とご家族のご健康とお幸せを心よりお祈りいたします。

 それでは、また何かご不明な点がございましたら、
 ご遠慮なくお聞かせくださいませ。 どうもありがとうございました。

 漁師揚げはたはた天  京都市  「民宿 梅次郎」 小畑 様

 京都・太秦映画村の近くで開かれた 「アツアツ!揚げたて天ぷら出張販売」
 私も試食させていただきました。おいしかったです。

 本当のことを申しますと、偶然だったのです。
 京都・太秦映画村の斜め前にある 右京区図書館に子供といったかえりでした。
 「おいしそう」という子供につれられ、あとで気づいたのです。

 もうひとつ偶然がございます。 私の実家は、京田辺にあります。
 母と話をしていたとき、新しくできたおそばやの話がでました。
 そのあと「舞鶴かまぼこ 嶋七旬だより♪ 」が 配信されてきたのです。
 そうかここのかまぼこを使っているのか・・・
 世間のせまさと偶然に、ひとりなぜか喜んでおりました。

 京田辺のおそばやさんのお話が出た時、 メールをさせていただこうと思ったのですが
 日々の生活におわれ、できずじまいでした。

 私は、京都の嵯峨で民宿をやっております。
 詳しく申しますと義母がやっております。
 私はお手伝いとホームページ、顧客管理をやっております。
 そして私も最近メルマガを配信するようになりました
 
 きかっけは、嶋田典子様だったのです。
 子育てをしながらホームページをつくりメルマガを配信している。
 私にもできないだろうか・・・?
 規模にちがいはありますが、私も3人娘の母親、
 試行錯誤をくりかえしなんとか、やっております。

 しよろしければ、これもなにかのご縁かと思います。
 都のちょっと得するお話や雑学を
 季節にあわせて1週間に1回お届けしております。
 京都を身近に感じていただければと思いまして、配信しております。
 ご登録いただければ幸いかと思います。

 「京のあれやこれ  民宿女将見習い中」
 http://www.mag2.com/m/0000125019.htm

 季節がらお体大切になさってください

                          「民宿 梅次郎」
http://www5.ocn.ne.jp/~umejirou/
担当者(WEB店長@4代目嫁)よりの返信

このたびは、とてもうれしいメールをいただき、ありがとうございます。

そして、いつも私のつたないメールマガジン「嶋七旬だより♪」
を読んでくださっているとのこと、本当にうれしいです。
どうも、ありがとうございます。

>京都・太秦映画村の近くで開かれた
>「アツアツ!揚げたて天ぷら出張販売」
>私も試食させていただきました。おいしかったです。

「アツアツ!揚げたて天ぷら出張販売」に来ていただいたんですね。
どうもありがとうございます。

 それに、京田辺のおそばやさんの話といい、
 偶然の連続!?・・・、
 本当に不思議なご縁ですね〜。

>私は、京都の嵯峨で民宿をやっております。
>詳しく申しますと義母がやっております。
>私はお手伝いとホームページ、顧客管理をやっております。
>そして私も最近メルマガを配信するようになりました
> 
>きかっけは、嶋田典子様だったのです。
>子育てをしながらホームページをつくりメルマガを配信している。
>私にもできないだろうか・・・?
>規模にちがいはありますが、私も3人娘の母親、
>試行錯誤をくりかえしなんとか、やっております。

それに、小畑さまが私と同じような立場で、
お仕事をされているとの事、なにか同じ仲間に出会えたようで
(とても失礼な表現ですいません)喜びを感じています。

早速、ホームページ拝見させていただきました。

京都の行事や季節の話題が満載で
なるほど、へぇ〜と言いながら、楽しみました。
(私も4月の頭に京都へお花見を予定していますので、よい情報源に感謝しています。)

お花やお祭りの写真の撮り方も上手ですね。
それに・・・
メールマガジンも毎週なんてすごいですね!

私なんか1ヶ月に2回配信でも、(大きな声では言えませんが)
大変だなあ・・・なんて内心思うことも多いのですが・・・
それを3人のお子さんを抱えてがんばっていらっしゃる。。。
さすがだなあと思いました。

私は東京育ちなものですから、ずっと京都には憧れがありました。
京都のこと、もっともっと知りたいので、楽しみにしています。

これからも、同じWEBマスターとして、親しくさせていただければ幸いです。

京都市内は、これから観光シーズンで忙しくなられる事と思います。
お身体に大切に、がんばってくださいね。

小畑さまとご家族のご健康とご多幸を
そして「梅次郎」さまの今後のご繁盛を心よりお祈り申し上げます。

御蒲鉾 ・嶋七定番おすすめセットひら天  (大阪府 尾崎 さま)

年末に注文させていただいた 尾崎と申します。
実は、同居の義父が西舞鶴の出身で、6年前までにはそちらに家もあり、お盆と年末には帰省し、
その時には必ず工場の方へ立ち寄らせていただき、かまぼこを買い求めていました。

今は帰ることもなくなりましたが、かまぼこと言えば、どうしても食べなれた 嶋七さん。
特に、お正月には欠かせないものですので、食卓を飾ることができ、とてもうれしく思いました。

夏のバテ気味で食欲のない時も、嶋七さんのかまぼこだと、食が進むようで・・・。
やはり、食べなれた品質の確かなものは、いくつになっても忘れられない味として、残るようです。
担当者(嶋七4代目嫁)よりの返信

あけましておめでとうございます。
先ほど、FAXでのお手紙をうれしく、拝読させていただきました。どうも、ありがとうございます。

6年前というと、私が嶋七にお嫁に来て間もなく、
かまぼこ屋の仕事を覚えるのに精一杯だった頃です。

昔から、長年こちらに来ていただいていたとのことで、
長年嶋七のかまぼこを愛してくださっていたことに深く感謝すると共に、
こうしてご報告いただきました尾崎様のお優しさに、感謝しております。

2001年より、素人ながらもネットショップを立ち上げまして、
尾崎さまのような舞鶴を遠く離れた舞鶴ゆかりの方からメールなどを
全国からいただくことが増えました。

私自身は舞鶴へ嫁に来て、まだ、ほんの8年ほどで、
こんなことを言うのは、大変おこがましいのですが、
ふるさと舞鶴を離れた方に、舞鶴の情景を思い出ださせるような
そんな商品づくりや情報を提供していきたいと思っています。

至らぬ点が多々あると思います。
ご遠慮なく、ご鞭撻よろしくお願い申しあげますと共に
今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

また、機会があれば、ぜひ舞鶴へ足をお運びくださいませ。

*************************
2004年が尾崎様とご家族にとって、
すばらしい年になりますよう、お祈り申し上げます。
*************************

栃木県 山口さま

購入させていただいた全品を今朝までに完食いたしました。
平日は夜遅い帰宅となり夕食を食べないため、この数日間はうちの
奥さんに頼みまして朝食をご飯にしてもらいました。 (日頃は自家製パンを朝食としています) 

子供たちに好評のちぎり天は思い切った具だくさんで楽しくいただけました。
 タコをあんなにたくさん入れて元が取れるのかと余計な心配をしたくらいです。
 漁師揚げは人気があるのがすぐに分かる味わいで、ご飯にもよく合いますね。
 酒の肴にすると食べ過ぎが怖いです。 
かまぼこは魚の身から作られたことがはっきり実感できる味わいで塗、焼、はも板ともそれぞれの個性が楽しかったです。
 
実は刺身でいただいた塗の最初の一口目で少し塩味が強いかなと感じた
のですがよく味わってみるとその強烈な魚の風味が塩味に近いインパクトを持っていたものと思い直しました。 

嶋七のかまぼこは食べるほどにスムーズに食べられましたが、こちらのスーパーで入手できる市販
かまぼこでは味を思い起こそうとしても・・・その味が思い出せない・・・くらいインパクトがないのです。 
子供たちはおそらくスーパーのかまぼこから「魚」を連想することは生涯不可能でしょう。
 わたくしは今回子供たちにかまぼことはどのように作るのかを解説してやりました。
それも説得力のある例が目の前にあったからこそ可能だったのだと思います。

舞鶴の語源はあの西と東に分かれた湾の形状から来たとか、
田辺城を起源としているとかの諸説を聞きます。 
いずれにせよ何とも優雅で美しい地名であり、自分自身のルーツであることに誇りを感じています。

次回は自分のルーツと美味しいかまぼこの紹介を兼ねた贈り物用と
してのオーダーをお願いするつもりです。 その際はまたよろしくお願いいたします。 

自分の納得したものをみんなにも知ってもらいたいという気持ちは誰にでも
ありますが、それを実行し、継続する情熱に昇華させるのは並大抵のこと
ではありません。 より多くの方々に若奥様の情熱が伝わることを期待し、応援しております。
担当者(嶋七4代目嫁)よりの返信

ご丁寧なメールを頂戴し、ありがとうございました。
嶋七の商品について、これほどにないというお褒めのお言葉をいただき、
とってもうれしく思いました。
早速、山口さまのメール内容をコピーし、
さきほどのお昼ご飯の時間に社長をはじめ、従業員に見てもらいました。
 
自分たちの作った商品がこのように思って食べていただけることに
社長はもちろん、みなもとってもよろこんでおりました。
午後からの仕事、そして今後のかまぼこづくりの励みになったことは間違いありません。
山口様のお心遣いに深く感謝いたします。

>自分の納得したものをみんなにも知ってもらいたいという気持ちは誰にでも
>ありますが、それを実行し、継続する情熱に昇華させるのは並大抵のこと
>ではありません。 より多くの方々に若奥様の情熱が伝わることを期待し、
>応援しております。

ありがとうございます。山口さまのお優しいお言葉・・・本当にうれしいです。
 今まで何度も何度も挫折しそうになりましたが、
こうしてここまでやってこれたのは、
こういう皆様の温かい励ましがあってこそだなあとしみじみ思います。
今後も舞鶴の地場産業であるかまぼこを守り続けることに全力を注いでいきます。
末永くよろしくお願い申し上げます。
 
朝夕の寒暖が激しい日が続いておりますが、お身体ご自愛くださいますよう、心よりお祈り申し上げます。 


Oさま
こんにちは。嶋七さんのかまぼこを食べたのは,今回が2回目です。
以前,懸賞で当たりましてから,ファンになりお盆に実家に集まるお客さんの、
お酒のつまみにいいかなと思い取り寄せました。
結果は・・・大当たりでした。
私は、ほとんど焼き専門でしたがおいしいの声でいっぱい,大盛況でした。

それから、気づいたことがあるのですが、のしを頼んだつもりでしたが
のしが入っていなくて、包装紙と紙袋が若干,小さいように感じました。
縦にしか,入らなかったです。
 かまぼこは、とぉっても好きなので,商品の問題ではないのですが
 参考にしていただければ,幸いです。
京都の上品なかまぼこのお味、ごちそうさまでした。 
●担当者(嶋七嫁)からの返信メール
こんにちは。舞鶴かまぼこ 嶋七の通販責任者・嶋田典子です。
メールいただき、ありがとうございます。
このたびは、ご注文の商品の「のし、手さげ」などの不備について、
大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。
 
せっかく落合様に商品のほうを気に入っていただき、
とってもうれしいメールをいただきましたのに、
今回このようなご迷惑をおかけし、本当に、本当に、申し訳なく思っております。
 
今後も注文書の確認などを徹底いたし、このようなことがないよう、細心の注意を払うよういたします。
 
なお、今回のお詫びのしるしといたしまして、本日、嶋七の商品を少々お送りさせていただきます。
本当に申し訳ございませんでした。
Oさまからの返信
こんにちわ。早速頂いた、いかのピりから天を 
朝、仕事から帰った主人に、お手紙とともにだしました。
 いまどき、こんな親切なお店はないなぁ。お客ひとりひとりを大切に
商品に自信を持って作っているんだなぁと、感激していました。(リピーター宣言!!)
 
いかのぴりっとした辛さが,焼酎とあったようで焼酎も,すすんでいました(^.^)
 枝豆天の方は,今晩の夕食に食べようと思っています。
 この前注文して特に気に入ったれんこんに野菜の天ぷらも、非常に口当たりがよく,
柔らかくぷりぷりしておいしかったです。
 
お忙しいなか、直筆のお手紙、ありがとうございました。
 
京都の舞鶴、嶋七さんに、いってみたくなりました。(近くなら、行けたのに。。。)
また、おいしいかまぼこを、よろしくお願いします。


北海道 N様

私は若い時から(今でも若いけど(笑))かまぼこや竹輪、てんぷらなどの練り製品が大好きでした。
ご飯のおかずというより、おやつ感覚で頂くのがこれまた好きで、
旅行などに行っても必ずといって良いほどお土産は練り製品を買ってくるくらいでした。

そんな私ですから、今でも冷蔵庫の中には練り製品は欠かさないようにしているのですが
最近のスーパーで買って来るかまぼこや竹輪、てんぷらの味にどうも納得できない思いでした。
何か昔食べていた味と違うなぁ!やたら甘かったり、油っこかったり、魚の味がしないよ〜!
というような不満を感じていたのです。

そんな時、同じ舞鶴でネットショップを開いている方のメールマガジンであるキャンペーンの知らせを頂き
賞品当てたさに(笑)HPにお邪魔しました。
だけど、その中で賞品の事もさることながらキャンペーン企画に参加されていたお店の紹介ページで
「かまぼこ」の文字を見つけて、うれしくなりました。

練り製品大好きな私がそれをそのまま放っておく訳がありません。(笑)
早速注文してみようと、商品一覧ページをクリック♪
w(゜o゜)wワオ!!
そこには、思わずヨダレが出そうな美味しそうな商品が並んでいるじゃあ〜りませんか!
特に私の目に止まったのが、「えんどうまめ」と「松葉ガニ」残念な事に「松葉ガニ」は終了の文字で
買えませんでしたが、「えんどうまめ」は季節限定の文字に
製造終了されては大変!と、急いで注文・・・とは行かなかったんですよね(笑)

何度ペ−ジを見直しても、お買い物篭がな〜い!
どうやったら注文できるのかしら?としばし途方に暮れ思い切ってメールを出してみる事にしました。
お休みの日だったにも拘わらず、すぐにお返事を頂き
再度買い物にTRYしてみようとHPを訪問。
だけど、やっぱり買い物篭が無くて 、またまたメール。

きっと、嶋田さんには私の第一印象はうるさい最悪の客と感じられたんじゃないでしょうか。(笑)
そんなやり取りのあった後、無事に注文する事が出来、品物が届いて食べた私は、
あの時注文するのをあきらめていたら
こんな美味しい物を知らないで人生を過ごしてしまう所だった!
との思いでした。これは決して大げさではありませんよ(笑)
本当に美味しかったのです。
とても懐かしい味、もちもちとした食感。
揚げてあるにも拘わらず、全然油臭くなくさっぱりして、これは絶対に味付け(煮たり)しないで
そのままで頂くのが一番だ!と強く感じました。

私が舞鶴に住んでいたら、きっと毎日のようにそちらへ直接買いに行ってるでしょう!(⌒^⌒)bうふっ
ということで、練り製品はこれからはもう他では買いません!
これからはもう、絶対に「嶋七」に決めました。

長々と書いてしまいましたが、私のうれしい気持ちは
これでもまだ十分伝えられないもどかしさも感じます。(笑)

こんな私ですが、これからも注文させて頂きますので
どうぞよろしくお願い致します。m(__)m
●担当者(嶋七嫁)からの返信メール
こんにちは。舞鶴かまぼこ 嶋七の嶋田です。
またまたのうれしい、温かい長〜いメールに感激しておりました。
今日、Nさまのメールのコピーを社員そろっての昼食のときに皆に見せると皆、パッと笑顔に変り、
「ありがたいなあ・・・うれしいね」と口々に言っておりました。
本当にありがとうございます。
中沢さまのお声で皆の結束と気持ちがより一層高まった気がいたします。

> そんな時、同じ舞鶴でネットショップを開いている方の
> メールマガジンであるキャンペーンの知らせを頂き
> 賞品当てたさに(笑)HPにお邪魔しました。
> だけど、その中で賞品の事もさることながら
> キャンペーン企画に参加されていたお店の紹介ページで
> 「かまぼこ」の文字を見つけて、うれしくなりました。

そんなんですね〜。実はうちのページはページの作りこみもまだまだで
アクセス数もそう多くないのに、北海道からのご注文・・・
どちらのご紹介だろう・・・と実は思っていたのです。
うちのページは「かまぼこ」で検索しても下位にしか表示されないため、
検索エンジンなどからはほとんどお客さまは入ってこず、
ほとんどがどなたかの紹介か、贈答・引出物でいただいたなどの紹介の
お客さまなのです。今回初めてプレゼント企画にご近所のお店から誘われて、参加したところでした。

> 「松葉ガニ」残念な事に「松葉ガニ」は終了の文字で
> 買えませんでしたが、「えんどうまめ」は季節限定の文字に
> 製造終了されては大変!と、急いで注文・・・
> とは行かなかったんですよね(笑)

申し訳ないです。「舞鶴かに物語」季節感を大切にするため、
9月半ばより製造開始予定です。
5月いっぱいくらいでえんどうまめが終わり、
漁師揚げいか天はなんとか6月末まで原料が確保できそうなので、
6月末まではやっております。
また6月初旬(これも気候にもよりますが)に旬の天ぷらちぎり枝豆
笹巻きしんじょう、旬の天ぷらはも天(梅肉付)という夏季限定商品とそのギフト商品と続く予定です。
特にちぎり枝豆は昨夏の人気商品でした。笹巻きしんじょうは今夏が初めての新商品です。

買い物かごの不備について(サーバー移行中で一部データが遅れていませんでした)
本当にご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。
お忙しいところ、Nさまの貴重なお時間をずいぶん無駄にしてしまい、
大変申し訳ないなあと思い、お電話差し上げたんです。
緊張のあまり、言葉がスムーズに出ず、(接客係としてまだまだ修行中の身の私です)
逆にNさまのお優しいお言葉いただき、癒されました。
本当にうれしかったんです。

N様の温かいお言葉を決して裏切ることのないよう、
皆で一丸となってかまぼこ・天ぷらづくりに取り組んでまいります。
どうぞ、末永くよろしくお願い申し上げます。

嶋七ホーム > お客さまの声 > お客さまの声(返信)
 
    ◆京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七

   
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3204、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)

    
Copyright(C) 2001-    嶋七 All Rights reserved