かまぼこ さつま揚げのおいしい食べ方

おせちに、お祝い料理に,いつもの食卓に かまぼこ、さつま揚げのおいしい食べ方を
京都・舞鶴のかまぼことさつま揚げの専門店 嶋七がご紹介


初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷら(さつま揚げ)お試しセットギフトセット慶事用法事・仏事用
ホーム   > おいしい食べ方
かまぼこ・天ぷら(さつまあげ)のおいしい召し上がり方 (基本編

    かまぼこ の おいしい召し上がり方
かまぼこ蒲鉾)といえば
わさび醤油で刺身でいただく“板わさ”が定番ですが、

実は和洋中に限らず、いろいろな料理と合います。

特に、ちょっともうひと味欲しいなあと
感じるお料理の時にかまぼこを加えると
凝縮された魚の旨味で
料理をぐっと味わい深くなりますよ。

ここでは、かまぼこ・さつま揚げの基本的な
おいしい召し上がり方についてご紹介します。
保存方法:1〜10℃で、賞味期間は10日間です。
         開封後は乾燥しないよう、ラップなどでしっかり密閉し、
         できるだけ早くお召し上がりください。
         
冷凍は、絶対にしないでください。
         (冷凍するとスポンジ状になり、食感が変ってしまいます。)

そのまま、さしみで・・・
かまぼこをちょっと厚めに切って、さしみでいただくのが一番!
ぷりぷりっ、しこしこっとした食感と豊かな味わいが楽しめます。

嶋七のかまぼこは醤油などつけなくても、美味しく召し上がれます。
日本酒などのあてにぴったり、おもてなしにも重宝します。

茶碗蒸し、うどんに・・・
茶碗蒸し、うどん、そばは もう定番ともいえる組み合わせ。

茶碗蒸しには彩りとしてだけでなく、味のアクセントとして
欠かせません。
麺類なら、うどん、そば、にゅうめんにはもちろん、
細く切って冷やし中華の具として使ったり、
和風ラーメンにも合います。

祝い雑煮、お吸い物に・・
すまし仕立てのお雑煮には、かまぼこが欠かせません。
お雑煮だけでなく、お吸い物には、
上質のかまぼこが彩りと味わいを添えてくれます。

お祝いの日には、ちょっと飾り切りをしたかまぼこで
喜びと華やかさを表現してみませんか?

お寿司 、丼に・・・
細かく刻んでちらし寿司に加えると酢飯とうまく絡み合い、
いつものお寿司がより味わい深いものになります。
縦長に細く切って巻き寿司の芯に・・・
また細切りにして和風丼だしでさっと煮て
とき卵を加え、三つ葉をちらし京風丼(木の葉丼)に。

和え物、サラダに・・・
きゅうり、水菜、みつばなど青菜との和え物や
コールスローサラダ、ポテトサラダ、さつまいもサラダ
かぼちゃサラダ、春雨サラダなど・・
どんなサラダとも相性ばつぐんです。


さっと揚げて、かまぼこチップに・・・
細長く切って、季節の野菜と一緒にかきあげにすると、
カリッした食感と弾力、そしてほどよい塩味と甘みが
かきあげのアクセントとなります。

また、小さく刻んでさっと揚げ、かまぼこ揚げチップをつくり、
生野菜サラダのトッピングすれば、かまぼこチップサラダの
できあがり。

>>美味しいかまぼこレシピはこちら




    嶋七天ぷら(さつま揚げ) の おいしい召し上がり方
舞鶴を含む関西では、揚げかまぼこ さつま揚げ(さつまあげ)
のことを 「天ぷら」「てんぷら」と呼びます


天ぷらは、そのままでも十分おいしいのですが、
なんといっても揚げたてアツアツ、
表面がカリッとしているところを
かぶりと食べるのが一番美味しい。

ちょっと工夫するだけで、
揚げたてのおいしさを楽しむことができます。
保存方法:1〜10℃で保存し、賞味期間は6日間です。
         できるだけ早くお召し上がられたほうが、より美味しくいただけます。                

さっとあぶって、おろし大根、生姜を添えて・・・

網やフライパン、オーブントースターなどで
油をひかずにさっと焦げ目がつくくらいあぶると,
揚げたての風味が甦り、最高に美味しくいただけます。

バーベキュー用としても人気があります。

さらに、大根おろしやおろし生姜を添え、
しょうゆをたらりとかければ、それだけで贅沢な一品に。

※電子レンジで温めるときは、
 軽く温める程度にしましょう。長くかけすぎると、
身が硬くなってしまうので注意が必要です。

おでんに・・・

煮込みすぎないことがポイント
おでんには、大根や卵などある程度味がしみたところで、
最後に天ぷらを入れ、さっと煮ます。
天ぷらがその味わいをしっかりキープしたまま、
おでんのだしとマッチし、とてもおいしくいただけます。

そして、他の具材に天ぷらから出る魚の凝縮した
旨みがしみこみ、他の具材を更においしく仕上げます。
そのままでおつまみ人気のちぎり天
(蛸、笹がきごぼう、きくらげ)なども
おでんに入れると具材の食感
もかわり、
また違った美味しさです。

いろんな料理の名脇役
季節の青菜やいんげんまめ、モロッコ豆などとさっと煮たり、
いろいろな野菜といためたり、
焼うどん、けんちん汁、ちゃんぽん、キムチ鍋など・・・・・
いつもの料理をさらに美味しく引き立てます。

>>美味しいかまぼこレシピはこちら

 
さつま揚げ一覧
素材の食感が楽しい揚げたて天ぷら
>> さつま揚げ 天ぷら 一覧
かまぼこ一覧
しこしこっとした魚の深い味わいかまぼこ
>>かまぼこ 一覧

    ◆京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七
   
    
所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 
         TEL:0773-76-3203、FAX:0773-76-6062

       営業時間:日〜金9:30〜5:00、
           定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
    
Copyright(C) 嶋七 All Rights reserved