京都 舞鶴港 底引き網漁解禁 リポート
京都・舞鶴のおいしい楽しい情報を嶋七4代目若女将の体験を交え、お伝えします
丹後・若狭湾、9月に手ぐり(底引き漁)解禁!丹後の秋のお魚たちのはじまり!

かまぼこ さつま揚げ 
初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷら(さつま揚げ)お試しセットギフトセット慶事用法事・仏事用 

ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 秋〜冬の話題目次へ> 丹後の海 9月の底引き網漁(手ぐり)解禁リポート
    舞 鶴 ・ 旬 の お い し い 話 題   
舞鶴のおいしさ楽しさ体験記
 ■ 丹後・若狭湾に面する 舞鶴港 「手ぐり」底引き網漁 9月 解禁レポート 

底引き網漁の船

9月に入ると、嶋七前の舞鶴港では、
いよいよ「手ぐり」が解禁になります。

手ぐり」というのは、底引き網漁のこと。
嶋七前から、その漁から帰ってくる
船の姿を見ることができます。

手ぐり(底引き網漁)の解禁は、天候がよければ、
毎年9月の頭から始まり、春まで続きます。
11月には「松葉かに漁も解禁なります」

ここからは、以前 取材した
 舞鶴港の 手ぐり解禁 の様子です。


この手ぐり解禁は、舞鶴港の秋の訪れを告げる日。
白い船(底引き網漁の漁船)を追いかけて、
漁連までやってきました。

     ↑  ↑
 嶋七の玄関から見える風景

今秋の初めての手ぐりは、すばらしい快晴!
お天気にも恵まれたせいか、水揚げは、昨年より少し多め。

でも、また秋本格的な漁はもうちょっと先のようです。
舞鶴港の秋のお魚の勢ぞろいが楽しみです。


次々に水揚げされる魚を 
ひとつひとつ大きさによって選別し、
氷を入れた発砲スチロールの箱に詰めます。
手作業なので、大変ですよね〜。
さあ。。。どんなお魚が水揚げされているかな??

笹カレイ

丹後の秋を代表する魚笹ガレイ(若狭ガレイともいう。)
干物にしたら、上品な味わい・・絶品ですよね〜

その他に、若狭湾はエテカレイなど、
カレイ類の宝庫なんですよ!

沖きす
ピチピチの沖きす!(にぎす、うるめなどとも呼ぶ)
舞鶴で秋一番に、食べた魚は何?と聞けば、
「沖ぎす」と答える人が多いのではないかしら?

素焼きにして、しょうゆとたらり。。。
庶民の味方 早く食べたいですね〜


のどぐろ

大きなのどぐろは煮付けにすると、
ほどよく脂がのった身が煮汁とからんで
おいしいですよね。。

   あなご
艶々光るあなごって美しいですね〜。
 カリっと天ぷらにして食べたら
おいしいそう。。。

あんこう

 お鍋の季節には、まだちょこっと早いですが、
こんなに大きな風格のある姿見ると
「あんこう鍋」食べたくなります。
ほほ肉のから揚げもいいですね〜。
もちろん あん肝ポン酢もいいですね〜・
 はたはた

旬にはちょっぴり早いけど
ピチピチの はたはたの姿も!

さっと炊いたり、一夜干しにして食べたいですね〜
冬からは、嶋七でも舞鶴港で水揚された
はたはたを使ったてんぷらも作っています!


シログチ


← シログチ
 ピチピチとキラキラ光る「シログチ」です

白身のお魚で、お味噌汁にしてもおいしいですが、
かまぼこにすると

ぷりぷりっとした心地よい歯ごたえになることから
高級かまぼこの原料としても有名。

舞鶴の名産の上質なかまぼこ
主原魚となっています。

晩秋から冬にかけて、さらに漁獲量も増え、どんどんとおいしくなっていくことでしょう。



手繰り(底引き漁)ものも定置網のものも
魚体を計測して、水槽へすぐに移す魚もあります。

ピチピチのお魚に計測も悪戦苦闘。
きめ細かに管理された水槽で、ひと休み


真剣に品定めをするお魚屋さん、料理屋さんたち・・

正午12:00 いよいよ セリが始まります! 
初セリは、初日はご祝儀相場でやや高めになるのが一般的ですが、全体的には 例年並。
それでも昨年は台風の影響で、漁獲が少なかったので、
「今年は 昨年よか 安かったで
〜・・」と 笑顔で競り落とした魚を見せてくれるおっちゃんもいましたよ。

ちなみに、私は初日ご祝儀相場 の次の日のセリのうるめ「沖ぎず」を早速いただきました。
(やっぱ初物の味は格別でした♪)


こんな網で、これらのお魚たちを
獲っているんですね〜

また次回の手ぐりもがんばって、
私たちにおいしいお魚を
集めてきてくださいね。

>>さて、丹後の秋〜冬のおいしい魚たちとその食べ方・お料理についてはこちら

「底引き網漁(てぐり)」で捕れた ピチピチ光る「シログチ」です。
 

 白グチは、舞鶴かまぼこの高級かまぼこの主な原料として使われています

 上品な白身が舞鶴かまぼこの
 
しこしこっという心地よい弾力と 深〜い味わい
 を生み出します!
 かまぼこの原料として最も優れているとも言われているお魚です。
 
 白くピカっと光って、とっても美しい〜♪
 思わず、「お魚さん、ありがとう!」と拝んでしまいました〜♪
  このピカと光ったお魚(シログチ)が作り上げるかまぼこは

京都・舞鶴伝統の極上かまぼこ 舞づる



舞鶴土産に 舞鶴特産の味わい深い かまぼこ 天ぷら 京都・舞鶴かまぼこ嶋七

ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 舞鶴秋の話題目次 >丹後の海 9月底引き網漁(手ぐり)解禁リポート
◆京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七   
Copyright(C) 京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved