舞鶴観光ガイド 南極観測船 しらせ 進水式
京都・舞鶴のおいしい楽しい情報を嶋七4代目若女将の体験を交え、お伝えします
舞鶴の観光名所 舞鶴海上自衛隊の 護衛艦見学

かまぼこ さつま揚げ 
初めての方へご注文についてお客様の声かまぼこレシピ問い合わせ
ホーム 商品一覧季節商品かまぼこ天ぷら(さつま揚げ)お試しセットギフトセット慶事用法事・仏事用 

ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP > 南極観測船 しらせ 進水式
    舞 鶴 ・ 旬 の お い し い 話 題   
舞鶴のおいしさ楽しさ体験記
 〜 南極観測船 しらせ 進水式 イン 舞鶴  見学リポート! 〜

2008年4月16日
南極観測船「しらせ」の命名・進水式がありました。

舞鶴には、大きな造船所があります。
そのユニバーサル造船の舞鶴営業所
にて、第4代目の南極観測船となる、
砕氷艦の命名・進水式が行われました。

南極観測船の進水式は、
めったに見られることがないため、
船が大好きな私(嶋七かまぼこ4代目)も 
進水式見学の一般公募に申し込み、見学しました。

新しい南極観測船「しらせ」は、
全長138メートル、幅28メートル、基準排水量12,500トン、厚さ1,5メートル、
氷を連続して砕いて進むことができるこの船は、
先代より一回り大きく、船名も引き継ぎ今までの南極観測船と同じ「しらせ」と命名されたそうです。

「しらせ」は、砕氷艦といわれるとおり、海上自衛隊所属の船となります。
そのため、当日は一般招待の市民3000名に加え、
石破防衛大臣も出席されておられました。

出席者が見守るなか、3隻のタグボートに引かれ
少しずつ進水していきました。

船体はオレンジ色の大きなビルのようなもので、
下から見上げる高層ビルを見上げるようでした。

このオレンジ色は、雪で真っ白な南極で遠くからでも認識しやすいようにこの色が採用されている
ようです。

近づくと、まるでビルのような大きな船でした。

中央にいらっしゃるのが、石破防衛大臣です。



舞鶴土産に 舞鶴特産の味わい深い かまぼこ 天ぷら 京都・舞鶴かまぼこ嶋七

ホーム  > 舞鶴旬の話題TOP 舞鶴 南極観測船「しらせ」進水式 見学リポート
◆京都・舞鶴かまぼこ 嶋 七
   業務内容:かまぼこ、てんぷら、さつま揚げ、しんじょうなどの 水産練り製品の製造、販売
    所在地:京都府舞鶴市北田辺118-21 TEL:0773-76-3203、FAX:0773-76-6062
    営業時間:日〜金9:30〜5:00、定休日土曜日 (電話受付のみ9:30〜1:00)
Copyright(C) 京都・舞鶴かまぼこ 嶋七 All Rights reserved